「mode’n dance (通称:モーツ)」の先輩達

木檜朱実(こぐれあけみ)


 

今日の稽古演目のひとつ、「mode’n dance (通称:モーツ)」は私にとって思い入れのある作品。

 

2002年の11月に黒沢美香の稽古場に通い始めて、2003年に初めて黒沢美香&ダンサーズとして出たのがこの「モーツ」。しかも、盟友・堀江進司と2人で、この一曲だけの出演。

 

初めて、しかも一曲だけということで緊張のあまりアラベスクもグラグラだった。終わってから美香さんとは目が合わせられなかったのを思い出す。

 

あれから13年が経った。この作品は何度も本番で躍らせてもらったせいか、しばらく踊らなくても身体が憶えていることに逆に驚いた。。。稽古の積み重ねってすごいですね。。。

 

ちなみにこの踊りにははるかにすごい先輩らがいて、2000年前後?に神奈川県民ホール?のコンクールか何かで(現役ダンサーズの姉御達である)吉川さんや吉田さんらがチュチュを着て踊っている。映像を見たとき、7,8人の淑女たちが大真面目にパロディでふきだした。。。

 

さらに、この初演は1992年のST Spot で武元加寿子さんと萩原富士夫さんが踊っている映像も幸運にも見たことがある。映像で見ただけなのに、その強烈なハチャメチャさが笑いを通り越して感動してしまった。

 

(もしかしてラストチャンスの)今度こそ!この凄い先輩達をしのぐモーツを目指すのだ!

 


「mode’n dance (通称:モーツ)」の先輩達」への1件のフィードバック

  1. 私にとっての「モーツ」初体験は、2004年の「ダンス☆ショー」@麻布 Die Pratze 。
    そう、木檜さん+堀江くん+清水くん という逸脱系3人だった。
    何しろ、アレに負けないように、後半のJAZZZ DANCE に力が入ったものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です