La Mousmé

長野れいこ


 

私は後から振りを覚えたので、この振り付けの成り立ちとか知らないんです。

 

「娘」の初回振り起しが始まったその時のさそうさん発言。要旨は概ねそんなところだと思う。ごめん。。

更地に家を建てるように美香さんに振り付けして貰ったにも関わらず、私はまるで頼りにならない。

 

とはいえ初回振り起しを控えせっせと自宅で予習。もとい復習と呼んだ方が正しいか…

音が鳴って手拭い持ったら怒涛の如く身体の記憶が蘇り、覚えてる!憶えてるよ! ・・・と、そんな事は起こらず、ひたすら自身の貧しい記憶と相談する毎日。

 

そして迎えた綱島での振り起し作業。

チョット三人寄れば文殊の知恵を体感。した、と思う。出し合ったのは知恵ではなく銘々の記憶の断片。己の間違った記憶も、他者の正しい記憶の披露によって瞬く間に修正される。正しくない記憶はボンヤリしているから正しい記憶の前で萎むのは早い。

 

残り6ヶ月足らず。更なる「娘」の成長を願うのではなく育ててみせます。とここに宣言。

 

 

【ダンサーズ豆知識】

「娘」は、ダンス☆ショーではなく2009年の「ミニマルダンス計画 膝の火」内のひとつのピースとして世に出、その後ダンス☆ショーへスピンアウトした作品。美香作品には珍しく小道具付き。

ラブリー恩田画伯によるイラストが描かれた手拭いで、2011年は踊りました。

 

 


La Mousmé」への2件のフィードバック

  1. 恩田さん、イラストも上手いんだね!みなさんが「膝の火」をやっているとき、わたしはJAZZZでしたが、というか、ゼロ年代に戻ったわたしはJAZZZばかりで、ダンス☆ショウに関して云えば、「OSAKA 原型」と、「SING×3」と「青春」しか知らなくてね。「膝の火」というタイトルもステキですが、振付けされることを羨ましく思っていました。どうぞ、立派な「娘」に育て上げてください。

    1. 砂坊さま
      コメントありがとうございます。
      近いうちに砂坊さんのOSAKA原型を拝見させてください。原型からどう変形したのか興味あります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です