踊りの中に探す

山野邉明香


 

この日の稽古はダンサーズならではの大群舞、大スペクタクルの「ハチャトリアン」と、児童舞踊のエッセンスが、ショーという異空間に味わいを加える「スイス」でした。

 

ダンス☆ショーの稽古場は、美香さんの不在によって、より美香さんの存在感が大きくなっていると感じます。美香さんは何と言ったか、何を表現しようとしていたのか、各々必死で考えて、確認しあい、振りの中に美香さんを探しています。

 

それが発見されたとき、ただの動きだったものに、匂いがして、味がしてきて、ガラリとダンスが変わります。

 

いつもダンスが優先、身体が優先、びっくりするような、鮮やかな裏切りを歓迎していた美香さんです。「私の言うことなんてそんなに聞かなくてもいいのに…」と言っているのを聞いたこともあります。また、なにか思い出されてもダンスがすぐに応えてくれるわけでもないですが、予期に反するには約束が必要、それがどんな約束だったのかを身体で探しています。

 

ダンス☆ショー初チャレンジの私は、それを食べて味わい、血肉にするまで精進するのみです。

 

写真は吉川恵子さんと吉田法子さんです。

 

 

お二人は綱島稽古場に通っていた長さもダンスショーの稽古をした数もとても多くて、身体へのおち方や、言葉ではなく踊りに現れている振りに対する解釈の深さに、稽古中もシビれてしまいます。とてもかっこよく、ぜひぜひ、多くの方に見てほしいと思い、ご紹介します。

 

ダンス☆ショー、見どころいっぱいです!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です