雨ニモマケズ 風ニモマケズ

木檜朱実


 

超大型台風21号LANが近付いている影響で、今日の稽古は自主練となった。

誰もいないだろうとタカをくくって玄関を入ると結構いるいる。

 

 

ボレロチーム(よしえ、みさお、まり、ともみ)とりっちゃんと堀がいた。

その後若ちゃんも登場。

結構遠方の人もいるのに、帰れなくなることは考えていないのだろうか。。。まあ、人生なるようになるさ。What happened happened anyway.

 

 

ウォーミングアップの後、それぞれやるべきことをする。

 

 

私がまず身体ならしに「みかん」の振りをやっていると、りっちゃんと堀がいろいろフィードバックをくれたことから始まり、じみ~な部分稽古が発動した。

 

 

「もう5センチ高く」

「ここからここへ行く動機づけを自分の中でする」

「身体の軸を確認して上へ伸びていく」

などなど

 

 

一人では気づけない的確な助言。やっているつもりでも見えていない様々なこと。こんなちっちゃなことの積み重ねで、ダンスは深くなっていく。

じみ~だけど、濃い稽古になった。

 

 

その後、ボレロチームの通しを見る。

見ていた人のフィードバックは様々。ボレロはフリーな部分が多いだけに、選択肢が無限にある。真逆のフィードバックにも慣れっこのボレロチームの今後の発展が楽しみだ。

 

 

この追悼公演は美香さん不在だけにダンサー同士の意見の交換が活発に行われている。今まで美香さんに判断をゆだねていた受動的な私たちが、主体的に声を出す今までにない試み。スムースに行かないことも多々あるが登るべき道と思っている。

 

 

12月までにどこまでダンスを深められるのだろう。せっかくの追悼公演なんだから一皮むけたいですね。向こう側の美香さんも半端な踊りじゃ許してくれないだろうし。笑

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です